185mlと350mlの缶ドリンクが同じ値段ってことに
何の違和感も感じなくなった時、
僕は大人になったんだ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 2012 安田記念 3rd hunt[枠を考える] | main | ダービーウイーク2012 [岩手ダービー] ※結果更新 >>
ダービーウイーク2012 [九州ダービー] ※結果更新

室外機!ギョカイ屋コメンテーターのハンター錠二郎だ。

さぁ、いよいよ、前回のエントリーで予告した、
「第一回 予想ライブギョカイ屋勝手に番外編
 チキチキ!ダービーの失態を取り返せ!
 ダービーウイーク2012全レースを予想しまっしょいー!」
がこのエントリーからスタートする。
今回は、ダービーウイーク2012第一弾レース
「九州ダービー栄城賞」だ。

交流重賞はこのブログでも何度か予想しているが、
地方競馬重賞の予想は確か初めてのはずだ。
何事も初物というのは目出度いものだな。
ここはきっちり当てて、さらに目出度くしたいところだし、
なんと言っても、九州の血を引く人間としては
「九州ダービー」を外すわけにはいかないな。
よし、当てるぞ。

さっそく、行ってみよう。
「九州ダービー栄城賞」の予想はコレだ!
JUGEMテーマ:競馬
過去の結果を眺めた感じでは

 ・ノーザンダンサー系の血が効果的
  ※特にノーザンテーストの血が良さげ
 ・荒尾ダービー勝馬が中心的存在
 ・枠の有利不利は無さそう
 ・牝馬でも問題ない

といった辺りがポイントかなと思うが、
ぶっちゃけ、ハンティングしきれるところが無いんで、
馬の力を見極めることが重要になりそうだ。

あと、2つめに書いた荒尾ダービーうんぬんは、
荒尾競馬が廃止になったから、今年からは無関係。
こういったところでも
荒尾競馬が無くなったことを実感させられると、
寂しい気持ちになるな。
地方競馬存続の危機的状況と言っても良い昨今、
地方競馬を盛り上げるためにも、
このブログを読んだ諸君が、
100円でも馬券を買ってくれることを祈りたいところだ。
中央も地方も、競馬は競馬。
レースそのものの熱さに違いはないからな。
そのためにも、予想をしっかり当てなければいけないな。

あと、「地方は騎手を無視できない」が
持論の俺としては、佐賀競馬なら、
山口、鮫島の二巨頭騎手はもちろん、
倉富、真島あたりの実力派騎手まで
意識しておきたいところだな。

そんなことを考えながらの印がコレだ。

■第54回 九州ダービー栄城賞
k 馬名
騎手
× 1 1 アマクサボーイ 牡3 56 倉富隆一


2 2 トリックトリート 牝3 54 大沢誠志


3 3 サンダーボーイ 牡3 56 赤岡修次
4 4 エスワンプリンス 牡3 56 鮫島克也

× 5 5 リョウマグリン 牡3 56 吉田順治


6 6 イーグルロッジ 牡3 56 田中直人
× × 6 7 ガルシーズン 牝3 54 真島正徳


7 8 イッツマイプレジャ 牝3 54 竹吉徹
× 7 9 レコパン 牝3 54 石川慎将
8 10 ダイリンウィーク 牡3 56 山口勲
×
8 11 カシノフローライト 牡3 56 長田進仁

2012/06/01 11:36 kbnさんが予想に参加されました

◎エスワンプリンス
7戦して6-1-0-0。
近2戦はC1-1組→新緑特別(B2-1組)と古馬相手に楽勝。
ここではちょっと抜けている存在。
昨年は断然の人気を裏切る結果になった鮫島だが、
名手が2年連続で裏切るってのは考えにくい。
人気にはなるだろうが、素直に頭で良いだろう。

○ダイリンウィーク
昨年の九州ジュニアチャンピオン勝馬ではあるが、
2月の飛燕賞で0.7秒差、4月の新緑特別で1.1秒差と
◎とは勝負付けが終わってしまった印象。
ただ、◎以外の馬の中では上位の存在。
山口なら馬券圏内には確実に持ってくるはず。

▲レコパン
◎が唯一負けたカペラ賞の勝馬。
前走の大敗は遠征で大きな馬体重減で度外視。
門別で認定勝ちなら、ここでは力上位だろう。
鮫島からの乗り替わりはマイナスだが、
◎に勝っている実績からも、逆転あるならこの馬かな。

×アマクサボーイ
カペラ賞から間隔あいた前走の鯱の門特選を快勝。
2歳時にあった◎○▲との力の差を埋められるかどうか。
この枠なら出していくことになるだろうから、
倉富が上手くペースを作れば、馬券にはなる。

×サンダーボーイ ※取消
このレースと相性の良いノーザンテーストの血が
入っているのはプラス。
力が足りない印象は拭えないが、
高知からの参戦で力関係は未知のところもあるし、
何よりどの競馬場でも赤岡を消すのは無理。

×ガルシーズン
前々走のル・プランタン賞では
園田のメイレディに完敗も▲には先着。
前が崩れる展開になれば、真島が飛んでくる。

×カシノフローライト
サンダーボーイ取消で、コイツに印を追加。
このレースと相性の良いノーザンテースト持ち。
前年勝利騎手の長田で、圏内なら何とかなるか。

正直、置きにいった印象は拭えない予想印だが、
一発目のここはキッチリ当てたいところなんで、
まぁその辺は容赦してくれ。

それでは、諸君。
よい「九州ダービー栄城賞」を!
シーユーハンティング!!

■第54回 九州ダービー栄城賞 結果
k 馬名
騎手
4 4 エスワンプリンス 牡3 56 鮫島克也 1 1.0
8 10 ダイリンウィーク 牡3 56 山口勲 2 9.7
× 7 9 レコパン 牝3 54 石川慎将 5 31.4
× × 6 7 ガルシーズン 牝3 54 真島正徳 4 24.8


6 6 イーグルロッジ 牡3 56 田中直人 6 60.0
× 1 1 アマクサボーイ 牡3 56 倉富隆一 3 21.7

× 5 5 リョウマグリン 牡3 56 吉田順治 7 75.5


7 8 イッツマイプレジャ 牝3 54 竹吉徹 9 103.0


2 2 トリックトリート 牝3 54 大沢誠志 10 156.0
×
8 11 カシノフローライト 牡3 56 長田進仁 8 92.7


3 3 サンダーボーイ 牡3 56 赤岡修次 取消

単勝元返しの断トツ人気になった
◎エスワンプリンスが大楽勝。
ここでは力が違いすぎたな。
この勝利でJDDに向かうことになるんだろう。
JDDは相手が強いから流石に厳しいだろうが、
がんばって欲しい。

2着は○ダイリンウィーク。
予想にも書いた通り、
1着馬とは勝負付けが終わっていた馬だが、
仕掛けどころを間違えず
キッチリと2着に持ってくる辺り、
流石は山口だな。

3着には▲レコパン。
逆転まで期待していたんだが、上位2頭が強すぎた。
状態もまだ戻りきってなかったのかもしれない。

人気どころの固い決着とは言え、
印順で決まったのは気持ちがいいな。

さて、次の対象レースは「岩手ダービー」。
ダービーウイーク完全的中のためにも、
次もしっかりとハンティングしなけりゃな。

それでは、諸君。
シーユーハンティング!!


▲1アマクサボーイ
 2トリックトリート
 3サンダーボーイ
◎4エスワンプリンス
×5リョウマグリン
 6イーグルロッジ
×7ガルシーズン
 8イッツマイプレジャ
×9レコパン
○10ダイリンウィーク
 11カシノフローライト

今までの成績を見ると
ぅ┘好錺鵐廛螢鵐垢鉢ダイリンウィークに
なっちゃうよな〜。
逃げの.▲泪サボーイを▲で。
kbn | 2012/06/01 11:36
COMMENT









Trackback URL
http://maboroshi.moenagi.net/trackback/1629116
TRACKBACK

















Twitterボタン