185mlと350mlの缶ドリンクが同じ値段ってことに
何の違和感も感じなくなった時、
僕は大人になったんだ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ダービーウイーク2012 [兵庫ダービー] ※結果更新 | main | 2012 関東オークス ※結果更新 >>
ダービーウイーク2012 [東海ダービー] ※結果更新

グーグーガンモ!ギョカイ屋コメンテーターのハンター錠二郎だ。

日本ダービーの失態を取り戻すための特別企画
「第一回 予想ライブギョカイ屋勝手に番外編
チキチキ!ダービーの失態を取り返せ!
ダービーウイーク2012全レースを予想しまっしょいー!」
も今回でいよいよ最終戦。
最後はビシーッと決めたいな。

さて、今回の予想レースは「東海ダービー」だ。
地元の世代トップ馬が揃ったのみならず、
金沢と福山からも世代トップの馬が参戦で、
ダービーウイーク最終戦にして、
最も豪華なレースになったと言っても良いであろう
今回の「東海ダービー」。
「最も豪華て。レベルは南関の方が上でしょ」
みたいな、お寒い台詞はナンセンス。
そんな輩には
「じゃあ、イギリスダービーだけ見てろよ」
と言いたい。
馬の能力の絶対値は、レースの面白さには全く関係ない。
東海最強牡馬牝馬に虎視眈々と逆転を狙う馬たち、
という構図のみならず、
それに金沢と福山の最強馬が加わるわけだ。
「プロ野球よりも高校野球の方が面白い」
と思う性格の俺としては、
こんなにワクワクするレースは無い。
こういうレースは予想の方向性も多種多彩、人それぞれ。
当てた時の気持ちよさは、かなりのもの。
しかも、ダービーウイーク最終戦。
これは……これは……当てたいっしょー!!!
よし、当てるぞ。
JUGEMテーマ:競馬
過去5年の成績を眺めてみると、

 ・血統的な傾向はさほど見当らない
 ・駿蹄賞で人気or着順が上位
  →2番人気以内or3着以内が一応の目安
 ・駿蹄賞の勝馬は複勝率100%
  →ただし、近5年は未勝利
 ・牝馬も活躍
  →近5年で2勝。馬券対象馬は6頭
 ・真ん中より外の方がやや有利な印象

辺りがポイントだろうか。
過去の成績を眺めていると、とにかく鍵になるのは駿蹄賞。
駿蹄賞は東海三冠レースの一冠目で、
同コース同距離で開催されるレースだから、
直結するのは当り前なのだが、
なぜだか着順は入れ替わったりしている。
個人的には、いかにも名古屋らしい傾向だと思う。

これは特別なデータを取ったわけではないので、
話半分程度で読んで欲しいのだが、
名古屋競馬は断トツ人気が他の競馬場より
平気で負けるコースだと思う。
ただし、大きく負けることは少ない。
2着とか3着に負ける場合が多いと感じるのだ。
1倍台前半の馬がちょろっと負けるレースが多々ある。
大きな穴馬が飛んでくることは少ないが、
1番人気の単勝信頼度は高くない。
それが名古屋競馬の特徴だと思っている。

実際、この東海ダービーにしても、
近5年の一番人気の成績は1-2-2-0。
馬券にはなっているが、1勝しかしていない。
さて、そんなことを念頭に、予想してみよう。

■第42回 東海ダービー
k 馬名
騎手
×
1 1 ノゾミカイソク 牡3 56 丸野勝虎

2 2 アウヤンテプイ 牡3 56 尾島徹
3 3 アルドラ 牝3 54 米倉知


4 4 ネオンオーカン 牡3 56 大畑雅章

× 5 5 ブライトシンプー 牡3 56 宇都英樹


5 6 セントウイナー 牝3 54 吉井友彦
×
6 7 アグリノキセキ 牡3 56 三村展久


6 8 タッチデュール 牝3 54 大原浩司


7 9 マイネルセグメント 牡3 56 今井貴大

7 10 ヴィグラスサウンド 牡3 56 戸部尚実
8 11 マーメイドジャンプ 牝3 54 筒井勇介
× × 8 12 オーリーライアン 牡3 56 佐藤友則

2012/06/08 10:50 kbnさんが予想に参加されました

◎マーメイドジャンプ
前走は園田に遠征してのじぎく賞を勝利。
負かした馬が兵庫ダービーを勝ったのだから、
その勝利の価値はグンと増した。
大本命の駿蹄賞馬アウヤンテプイとの直接対決は
兼六園JCとゴールドジュニアで2戦して2敗。
ただし、ここ2戦、古馬の上級相手でも戦える時計で、
同世代の強い牝馬相手に快勝してきたことを考えれば、
4ヶ月前のゴールドジュニアの頃とは馬が違う。
今の状態ならアウヤンテプイにも逆転できる。
にしても、何で東川じゃないんだろ……。

○アウヤンテプイ
駿蹄賞では思ったほど抜けた勝ち方ではなかったが、
マイナス15kgの大幅馬体減を考えれば、
それでも勝っちゃうのかという印象で、
この世代の東海馬ではくっきりと抜けた存在。
駿蹄賞馬が勝ててないレースとはいえ、
そもそも駿蹄賞を一番人気で勝った馬も
かなりさかのぼらないといないわけで、
その辺からも抜けた存在と言えるだろう。
当り前に考えれば勝つ馬ではあるが、
2走前にはまさかの敗戦をしているわけで、
1番人気の信頼度が高くないという
名古屋競馬の個人的印象に従えば、
馬券的には負ける可能性の方に期待したい。
ただ、馬券圏内を外すことは絶対にない。

▲アルドラ
金沢三冠の一戦目である北日本新聞杯を
1番人気で勝利してきた、金沢の世代最強馬。
全日本2歳優駿や桜花賞など、
果敢に強いところに挑戦して力をつけてきた。
強い相手とやっても常に上位の上がりを使うという、
最後までバテない脚は名古屋に向くはず。
◎と○とは2歳時に兼六園JCで直接対決しているが、
その時は○には負けたものの◎には先着。
舐められた人気になるようなら、
頭で勝負したくなる。

×ノゾミカイソク
駿蹄賞では5着だったものの、2番人気。
傾向的には巻き返す可能性はあるし、
800m戦をはさんだ異例のローテも何だかコワイ。
そして、何といっても、丸野騎乗が魅力的。
名古屋で人気薄馬に乗る丸野は押さえておいて損はない。

×アグリノキセキ
福山ダービー馬。
その福山ダービーでは大本命だったクーヨシンを
1.1秒ちぎって逃げ切った。
力関係がわからない以上、押さえておくべきだ。
積極的な騎乗を期待したい。

×オーリーライアン
駿蹄賞2着馬。
上がり時計は勝ち馬より速かった。
大崩れしない馬で、ここも充分に圏内。

ペース一発で着順が大きく変わる時もある名古屋。
無印にした馬でもチャンスのある馬はいる。
荒れると踏むなら、もう少し手を広げても良いだろう。
例えばヴィグラスサウンド辺りは、
絡んでくる馬がいなくて単騎で楽に逃げれちゃうなら、
駿蹄賞の再現も充分にある馬だろう。

それでは、諸君。
よい「東海ダービー」を!
シーユーハンティング!!

■第42回 東海ダービー 結果
k 馬名
騎手


7 9 マイネルセグメント 牡3 56 今井貴大 4 14.7

× 5 5 ブライトシンプー 牡3 56 宇都英樹 9 42.2


4 4 ネオンオーカン 牡3 56 大畑雅章 10 187.0

2 2 アウヤンテプイ 牡3 56 尾島徹 1 1.4
3 3 アルドラ 牝3 54 米倉知 7 30.7
× × 8 12 オーリーライアン 牡3 56 佐藤友則 2 3.8

7 10 ヴィグラスサウンド 牡3 56 戸部尚実 6 21.7
8 11 マーメイドジャンプ 牝3 54 筒井勇介 3 9.4
×
1 1 ノゾミカイソク 牡3 56 丸野勝虎 5 20.5
×
6 7 アグリノキセキ 牡3 56 三村展久 8 35.6


5 6 セントウイナー 牝3 54 吉井友彦 11 190.0


6 8 タッチデュール 牝3 54 大原浩司 12 323.0

3頭でもつれたゴール前の接戦を
無印マイネルセグメントがアタマ差で制した。
新緑賞ではアウヤンテプイに勝っている馬で、
軽視してはいけなかったな。

上位馬は全てが駿蹄賞に出走していた馬だったが、
着順は思いっきり入れ替わった。
結果、4→9→10番人気の順で入線ってなことになり、
三連単は驚きの100万馬券。
ダービーウイーク2012最終戦にして、
とんでもない結果が待っていたな。
にしても、荒れるっていっても程度があるだろうに……。

大本命だった○アウヤンテプイは、まさかの4着。
悪くとも馬券にはなると思っていただけに、驚いた。
前走で大きく減らした馬体重が戻ってなかっただけに、
状態の問題なのかなと思う。
こんな馬ではないはずなんで、少し休ませて、
馬体を回復させた方が良いのかもしれないな。
地方の馬は甘やかせてもらえないから、ツライな。

◎マーメイドジャンプは、こちらもまさかの8着。
終始、かかり気味というか、隣を気にして走っていた。
まぁそういう馬と言えばそういう馬なんだが、
3角で手応えが全くなくなってしまった辺り、
そういう馬だけに、乗り替わりが影響したのかもしれない。
この馬も○同様、こんな馬じゃない。

▲アルドラは5着。
人気よりは上の着順ということを考えれば、がんばった。
ただ、いつもより終いの脚が無かったり、
マイナス8kgの馬体重だったことを考えると、
遠征競馬が影響したのかもしれないな。

さて、これで「ダービーウイーク2012」は閉幕。
いや〜、楽しい一週間だった。
俺の予想が、諸君にとって有意義なものだったのかどうかは、
また後日、検証するとしよう。

それでは、諸君。
シーユーハンティング!!


 1ノゾミカイソク
 2アウヤンテプイ
○3アルドラ
 4ネオンオーカン
×5ブライトシンプー
 6セントウイナー
 7アグリノキセキ
 8タッチデュール
 9マイネルセグメント
▲10ヴィグラスサウンド
◎11マーメイドジャンプ
×12オーリーライアン

◎マーメイドジャンプは東海クィーンカップでの逃切り、
のじぎく賞での差しを見る限りこのメンバーでは負けない。
○アルドラは先行争いの後ろに付けて中団から仕掛けた
北日本新聞杯のような展開になりそうなので対抗。
先行争いが激しくなっても残れると思うヴィグラスサウンドに▲
後方からの追込みが決まれば馬券圏内だと思うゥ屮薀ぅ肇轡鵐廖爾
オーリーライアンを×で。
kbn | 2012/06/08 10:50
COMMENT









Trackback URL
http://maboroshi.moenagi.net/trackback/1629122
TRACKBACK

















Twitterボタン