185mlと350mlの缶ドリンクが同じ値段ってことに
何の違和感も感じなくなった時、
僕は大人になったんだ。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ダービーウイーク2012 [東海ダービー] ※結果更新 | main | 2012 ジャパンダートダービー ※結果更新 >>
2012 関東オークス ※結果更新

アマゾン川流域!ギョカイ屋コメンテーターのハンター錠二郎だ。

前回のエントリーで書いた通り、
今回はダービーウイーク2012の予想総括をしようかと思っていたのだが、
 ◎の成績 2-3-0-1
 ○の成績 1-1-3-1
 ▲の成績 0-0-2-4
って辺りで、どう考えたって納得いく予想じゃなく、
最終的に「すまんかった」になることは目に見えてきてしまった。
◎が勝ちきれてないばかりか、○も3着が多く、
一発に期待する場合が多い▲が未勝利で3着2回という始末。
あまりにも不甲斐ない予想だったと思うんで、
明日6/13に川崎で開催される「関東オークス」を予想してみる。
久しぶりの地方交流重賞の予想。
不甲斐ない予想にならないようにしなけりゃな。

さっそくいってみようか。
関東オークスの予想はコレだ!
JUGEMテーマ:競馬
過去の成績を眺めてみると

 ・フジキセキ、ヴァイスリージェント、ストームバード辺りの血
 ・ミスプロ系も悪くないが、なるべくスタミナがありそうなタイプ
 ・地方馬なら前走東京プリンセス賞で好走している馬
 ・イメージしていたより内枠の成績は良くない
 ・1番人気は安定。ただ、その下の上位人気となると安定感は微妙
 ・悪くても4角5番手以内にはいたいんで、
  その位置で走れそうな馬

辺りがポイントだろうか。

交流重賞は中央馬が上位を独占することが珍しくないが、
このレースは中央馬が手薄になりやすく、
毎年のように地方馬も馬券に絡む。
今年の中央馬にも「コイツで決まりだな」的な馬はいない。
中央馬、地方馬ともに、
取り捨てを間違えないことが重要だな……って、当たり前だな。

■2012 関東オークス

馬名
騎手

1 1 リカチャンス 牝3 54 本橋孝太

2 2 ミスシナノ 牝3 54 佐藤博紀

3 3 ショコラヴェリーヌ 牝3 54 的場文男
3 4 アスカリーブル 牝3 54 今野忠成
× 4 5 グラッツェーラ 牝3 54 真島大輔

4 6 シラヤマヒメ 牝3 54 戸崎圭太
5 7 エイシンキンチェム 牝3 54 岩田康誠

5 8 コテキタイ 牝3 54 張田京

6 9 マシュマロ 牝3 54 川田将雅
6 10 サトノジョリー 牝3 54 C.ウィ

7 11 ラブミーアゴー 牝3 54 坂井英光

7 12 ガルシーズン 牝3 54 柏木健宏
× 8 13 レディーソルジャー 牝3 54 森泰斗
× 8 14 オールドパサデナ 牝3 54 横山典弘

◎アスカリーブル
園田で4戦全勝後、南関移籍。
レベル的に通用するのかどうか、期待と不安を持って見てきたが、
東京プリンセス賞では2着馬に0.7秒差をつけて圧巻の勝利。
こういう経歴の馬が活躍するのは、見ていて楽しいものだ。
中央馬が出走してくるここは、前走よりも相手強化となるが、
あの強さなら、ここも充分に勝てる。
前走を見た感じ、距離が伸びて良さそうなのもプラス。
久しぶりの地方馬戴冠へ。ここは頭で期待したい。

○エイシンキンチェム
このレースで2連勝中のフジキセキ産駒。
芝で2連勝後はちょっと頭打ちになってしまったが、
初ダートとなった前走の兵庫CSで4着に粘り、
ダートならやれるかもと感じるレースができた。
同レースの1着2着馬はユニコーンSで2着3着、
3着馬は東京ダービーで2着と、
レースレベル的にも評価して良さそうな一戦。
このレースと相性の良い岩田なら、馬券圏内にはもってくる。

▲サトノジョリー
芝では足りない感たっぷりだが、
ダートではまだ底は見せていない。
前走昇竜S組はこのレースと好相性。
いかにもダートな感じの血はここに向くと思うが、
過去にこういった血の好走馬が見当たらないのが少し不安。
この辺の相手でウイリアムズ騎乗ってことを考えると、
中央のレースほど後ろの位置取りにはならないだろう。
終いはしっかりした馬だし、はまれば逆転まである。

×グラッツェーラ
前走東京プリンセス賞で大敗はいただけないが、
チューリップ特別ではアートサハラにクビ差2着を踏まえるに、
ここも走れる可能性は充分にある。
東京ダービー1着2着と勢いのあるフィガロ産駒に、
このレースで特注のフジキセキが母父となれば、
ちょっと期待してみたくなる。

×レディーソルジャー
前走東京プリンセス賞を12番人気ながら上がり最速の3着。
いついかなる時も、例え傾向的に好走馬がいなくても、
ダート重賞でブライアンズタイムの血を軽く見ちゃいけない。
森なら前走よりもう少し前の位置を取りに来ると思うし、
そういう競馬ができれば、チャンスはありそう。

×オールドパサデナ
年明けデビューから2戦連続2着後、2連勝。
まだまだ底は見せていないし、
父にスタミナがありそうなミスプロ系ってのも良い。
ただ、外枠でも結果が出ているレースとはいえ、
川崎ってことを考えると割り引いた方が良い枠だし、
条件戦からの出走ってのも、そんなに強気になれない。

人気になりそうなマシュマロは
2008年の勝ち馬ユキチャンの全妹。
姉と同じく白毛馬なんで、どうしたって人気先行型になる。
勝ち馬の全妹なんで血統的な適性はもちろんあるが、
姉は中央2000m勝ちの実績があっての参戦で、
この馬自身は中央ダ1400での勝利しか無い。
加えて、負けたレースでは距離的な不安を感じさせる内容で、
どうにもこうにもこの距離が向くとは思えない。
さすがに無印にするのはどうかと思ったが、
人気になりそうなことを考えると、消した方が妙味ある。

では、諸君。よい関東オークスを。
シーユーハンティング!!

■2012 関東オークス 結果

馬名
騎手
3 4 アスカリーブル 牝3 54 今野忠成 3 5.4
6 10 サトノジョリー 牝3 54 C.ウィ 2 3.7

4 6 シラヤマヒメ 牝3 54 戸崎圭太 8 74.2

6 9 マシュマロ 牝3 54 川田将雅 4 6.7
× 8 13 レディーソルジャー 牝3 54 森泰斗 7 66.6

3 3 ショコラヴェリーヌ 牝3 54 的場文男 9 78.7
× 4 5 グラッツェーラ 牝3 54 真島大輔 11 110.0
5 7 エイシンキンチェム 牝3 54 岩田康誠 5 6.8

5 8 コテキタイ 牝3 54 張田京 6 24.5

7 11 ラブミーアゴー 牝3 54 坂井英光 12 224.0

1 1 リカチャンス 牝3 54 本橋孝太 10 93.3

7 12 ガルシーズン 牝3 54 柏木健宏 14 361.0
× 8 14 オールドパサデナ 牝3 54 横山典弘 1 2.1

2 2 ミスシナノ 牝3 54 佐藤博紀 13 303.0

◎アスカリーブルが先に抜け出した▲サトノジョリーを
直線で交わし1馬身半差の快勝。
一頭だけ別次元の脚だったな。
これで東京プリンセス賞と合わせて二冠達成。
関東オークスは交流重賞だから勝利の価値も高い。
園田デビューの馬がこういうレベルになるっていうのは
地方競馬の盛り上がりって意味でも嬉しいな。
ここ2戦の強い勝ち方を見た感じでは、
距離はまだあっても良さそうなくらいで、
まだまだこれからも楽しませてくれそうな馬だ。

▲サトノジョリーが2着。
道中はしっかりと勝ち負けできる位置取りで、
4角先頭に立って上がり2位で負けたんだから
これは勝ち馬が強すぎただけ。

無印シラヤマヒメが3着。
もうこれは戸崎の腕としか言いようがない。
人気薄の時こそ上手い騎手ってのは注意が必要で、
無印にしてしまったのは、その辺を怠った俺のミスだな。
反省しなきゃいけない。

○エイシンキンチェムは8着に惨敗。
ハナに立ってペースを握りたかったところだが、
リカチャンスが無理にでもハナを主張してきて
ペースを握ることができなかった。
まぁ、仕方ない敗戦。
ただ、それにしても負けすぎだ。
ちょっと頭打ちなのかもしれないな。

今年は地方馬が勝利のみならず3着にもくい込んだ。
基本的には中央馬絶対の交流重賞ではあるが、
それゆえに中央馬は過大評価されやすいのも事実。
今回のようなレースで地方馬に◎を打てたことは
素直に嬉しいな。
また交流重賞の予想をする機会があったら、
狙える地方馬と狙えない中央馬を
しっかりと判断して予想したいな。
一番近い交流重賞は……明日、てか今日の北海道SCか。
予想はしないでおくが、こりゃ、3頭立てのレースだ。
こういうレースは、しっかりと当てておきたいな。

それでは、諸君。
シーユーハンティング!!

COMMENT









Trackback URL
http://maboroshi.moenagi.net/trackback/1629123
TRACKBACK

















Twitterボタン