185mlと350mlの缶ドリンクが同じ値段ってことに
何の違和感も感じなくなった時、
僕は大人になったんだ。
<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 彼女たちのジブリ | main | マジすか学園3 >>
彼女たちの映画
あめ
「私、三谷幸喜の映画って好きじゃないのよね」

やちぐさ
「あら、私も」

あめ
「なんていうか、難しすぎる」

やちぐさ
「私も、笑いどころが違って、わからない」


あめ
「あと、たけしの映画も、難しすぎると思う」

やちぐさ「そうそう。難しいわよね。
 あ、私、観たことないんだけどね。
 難しそうよね、たけしは」

あめ
「あと、まっちゃんの映画も、難しすぎる」



やちぐさ
「あら、そうなの。私、観たことないのよ」

あめ「大日本人を観たけど、笑いが難しすぎて。
 まっちゃん、普段は面白いのに」

やちぐさ「へぇ。今やってるR-100だっけ?
 あれも難しいらしいわよ」


あめ「でも、ほら、その辺の人って
 海外の人に評価されてるじゃない」

やちぐさ
「そうね」

あめ
「やっぱり、日本人と外国人って笑いが違うのよね」

女子会、超楽しい♪

 

松本人志は夏目漱石である! (宝島社新書)

COMMENT









Trackback URL
http://maboroshi.moenagi.net/trackback/1629167
TRACKBACK

















Twitterボタン