185mlと350mlの缶ドリンクが同じ値段ってことに
何の違和感も感じなくなった時、
僕は大人になったんだ。
<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 彼女たちのアドベンチャー | main | SPEC 結 >>
SPEC 零
SPEC_零
 
→→→クリックしてちょんまげ←←←
 

永遠の0 (講談社文庫)

COMMENT









Trackback URL
http://maboroshi.moenagi.net/trackback/1629174
TRACKBACK

















Twitterボタン